【レビュー】東京クラフト〈ペールエール〉の味わい|柑橘系のような爽やかさ

実飲レビュー
おすすめ度3.5
香りの強さ2.0
苦味の強さ3.5
甘味の強さ1.0
後味のスッキリさ5.0

クラフトビール初心者の私が、東京クラフト〈ペールエール〉の魅力に迫ります。

フルーティな香りや程よい苦みを素人目線でレビューします。

東京クラフト〈ペールエール〉の特徴と風味

東京クラフト〈ペールエール〉は、サントリーが販売するクラフトビールです。

ペールエール(Pale ale)は、イギリス発祥のビールの種類で、語源は「ペール(Pale)=淡い」と「エール(Ale)=ビール」です。

その特徴と風味を紹介します。

特徴

  • ペールエールスタイル
    東京クラフト〈ペールエール〉は、ペールエールスタイルのクラフトビールです。このスタイルは程よいホップの苦みとバランスの取れた味わいが特徴です。
  • ホップの香り
    東京クラフトは、ホップの芳醇な香りが特徴的です。ホップの種類により異なる香りが楽しめ、ビールの個性を際立たせています。

風味

  • フルーティな香り
    ペールエールならではのフルーティな香りが広がります。柑橘類やトロピカルフルーツのような爽やかな香りが特徴です。
  • 程よいホップの苦み
    ペールエールはホップの苦みが程よく効いています。爽やかなの見ごたえを楽しみつつ、ホップの風味が味わいを引き立てます。
  • バランスの取れた味わい
    東京クラフト〈ペールエール〉は、ホップの苦みと麦芽の甘みがバランスよく組み合わさった味わいが特徴です。一口目から最後まで楽しめるビールです。

実飲レビュー

爽やかな香り!

・・・は特に感じませんでした(笑)

今回は缶のまま飲んだので、グラスに注げば香りが広がるのかも?

一口飲んでみると苦味を感じますが、その中に柑橘系のような爽やかさもありました。

少し後味に苦さが残りますが、柑橘系のような爽やかさがあるので、体感としてはかなりスッキリした印象を受けました。

お酒好きの人には怒られるかもしれませんが、個人的にはスプリングバレー豊潤<496>に似ているなと感じました(笑)

同じブランドに東京クラフト〈ヴァイツェン〉がありますが、圧倒的に東京クラフト〈ペールエール〉の方が好みです!!

私は東京クラフト〈ヴァイツェン〉みたいな甘いビールより、東京クラフト〈ペールエール〉みたいな爽やかなビールの方が好きなようです。

他の評価とレビュー

まずは肯定的なクチコミから。

喉越しが良く、後味の苦味をフルーティーな風味が緩和してくれるペールエールの特徴が良く出ているとても美味しいビールです。
よなよなエールなどのクラフトビールと比較されている方が結構いますが、こちらはよなよなエールより価格が50円くらい安く、コスパが良いです。美味しいですね。

定期お得便で毎月購入しているが、このビールの味になれると、他の国内ビールだと物足りなくなるほど、とにかく旨い!

普通のビールと違って個性的な香りと風味がします。爽やかで飽きのこない味です。 クオリティはプレミアムビールなのに価格はレギュラービール並みで、本当にありがたい製品。誰に感謝したらいいのか分かりませんが、とにかく感謝します。

Amazonのレビューより引用

次に否定的なクチコミです。

ペールエールの中では、そんなに美味しくないと率直に思いました。特徴もなく、発泡酒と言われても疑わなさそう。

販売価格が先にあってそこから原価計算されて製造されたようなハイアルコールのスカスカなビール
所詮大手メーカーのビールの域を出ない味

Amazonのレビューより引用

おわりに

今回はサントリーが販売する東京クラフト〈ペールエール〉をレビューしました。

公式サイトやクチコミ通り、柑橘系のような爽やかな味わいでした。

麦の風味より柑橘系の風味を重視したい人には大変おすすめのビールです。

タイトルとURLをコピーしました